大野 茜
LOVEGREEN編集部
アシスタントディレクター

大野 茜

Akane Ono

福岡生まれ福岡育ち。幼少期から母にフラワーアレンジを習い花と共に育つ。大学卒業後オランダでの国際園芸博覧会装花協力をきっかけに花業界に転身。某大手花屋でブライダルフラワーコーディネーターとして現場に立つ傍ら、今度は国際園芸博覧会の専門スタッフとして赴任。生産、流通、小売など業界の人脈を広げるうちに植物業界の底上げについて考えるように。業界の既存概念を覆すのはここしかないと思いストロボライトに入社。一見落ち着いて見られがちだけど、植物に関しては情熱的。行く先々で花みどりに真っ先に目が行く体質。

好きな植物

セルリア、レースフラワー、雪柳、ハゴロモジャスミン、セイヨウニンジンボク、サルスベリ、マグノリア、ドリナリア
小さな花が集まっていたり細葉の植物など細かくて繊細な花が好き。真っ直ぐ上に伸びるよりゆらゆらと自由な方向へ彷徨う蔓性の植物や、俯きながら色っぽく咲く花は大好物。最近は力強くてフォルムが個性的な植物も好き。

趣味

・旅行。

知らない土地、知らない文化で誰かと出会って新しい考え方やものの見方、知らない事を学ぶのが楽しいです。言葉が通じなくてもボディランゲージで乗り切るタイプで、初めて一人で行った海外で2時間右も左も分からず迷子になってドキドキワクワクした経験が病み付きになりました。

 

・料理。

早起きして作る朝ごはんが格別。土鍋で炊いたご飯とお出汁からとるお味噌汁にちょっと甘めの卵焼きがあれば素敵な1日の始まりです。田舎育ちなので旬の野菜を使った料理を好みます。食後のコーヒーは手挽きミルでハンドドリップ。部屋に広がるコーヒーの香りと淹れたてのコーヒーをゆっくりすする時間は至福のとき。

 

・花を束ねる。

幼い頃から切花に親しんできた影響で前職ではフラワーコーディネーターとしてウェディング装花を行なったりと切り花の現場を離れた今でもフラワーデザインを学んでいます。
中でも自分の手の中で作り上げていく花束を束ねる瞬間が大好きです。いろんな場所から集まってきた花々を、どんな風に束ねるか、表情を見ながら丁寧に束ね上げる時間が癒しの時間になります。

ストロボライトはどんな会社ですか

社内は緑にあふれ、常に植物とともに働いています。みんな植物といえど様々な嗜好があって、知らない植物の名前や種類を良く耳にします。植物だけでなく仕事に対してもマニアックでそれぞれの専門性が発揮されスピード感を持ってどんどん進んでいきます。大地にしっかり根を張って、天に向かって成長していく植物のように、根拠をもって発展していっている会社です。