• 植物と暮らしを豊かに。

SERVICE

LOVEGREENは「植物と暮らしを豊かに。」をコンセプトに、花や植物の育て方、花言葉、家庭菜園、庭・ガーデニング、ショップやイベント情報などの情報を毎日配信している、ボタニカルライフメディアです。

Botapii[ボタピー] by LOVEGREENは「植物と暮らしを豊かに。」をコンセプトにしたフリーペーパーです。全国のホームセンター、園芸店、生花店、インテリア・雑貨店、カフェ・レストラン、商業施設等で配布しています。

MIDOLAS[ミドラス] by LOVEGREENは「みどりと暮らす。」をコンセプトに、お庭やインテリアグリーンなどの悩みを、園芸の知識を持ったMIDOLAS[ミドラス]スタッフがサポートします。

NEWS

2017年10月11日-13日に幕張メッセで開催される業界最大級のイベント「フラワー&プランツEXPO」にて、弊社代表の石塚がモデレーターとして登壇します

2017年10月11日-13日に幕張メッセで開催される業界最大級のイベント「フラワー&プランツEXPO」にて、弊社代表の石塚がモデレーターとして登壇します。   ◆セミナー 10月12日(木)15:00-16: … Read More

LOVEGREENがCreema主催の「HandMade In Japan Fes 2017」の協力パートナーに就任

  “植物と暮らしを豊かに。”をコンセプトに、月間約200万人の園芸ファンが訪れる、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)(https://lovegreen.net/)は、Cree … Read More

Botapii[ボタピー]の設置が約750店舗を突破、最新号の表紙は前田有紀さんが登場

“植物と暮らしを豊かに。”をコンセプトに、月間約200万人の園芸ファンが訪れる、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)(https://lovegreen.net/)を運営する株式会社ストロボ … Read More

JFN系列FMラジオ番組「simple style ~オヒルノオト~」に弊社代表の石塚が出演

JFN系列FMラジオ番組「simple style ~オヒルノオト~」に弊社代表の石塚が生出演し、パーソナリティーの華恵さんと植物トークさせていただきました。   ▼「simple style ~オヒルノオト~ … Read More

2017年5月26日に横須賀で開催される「PREMIUM FARM DAY」のトークセッションに、弊社代表の石塚が登壇します

2017年5月26日(金)に横須賀で開催される農を楽しむ農フェス「PREMIUM FARM DAY」(プレミアムファームデー)のトークセッション「農=⽣産ではない、農の多⾯的価値を考える」に、弊社代表の石塚が登壇します。 … Read More

湘南T-SITEとLOVEGREENがコラボ。「GREEN STYLE MARKET×LOVEGREEN」を2017年4月8日・9日に開催

湘南T-SITEで4月8日(土)・9日(日)に開催される「花と暮らす 緑と暮らす」をテーマにしたイベント「GREEN STYLE MARKET」。 今回、5回目の開催となりますが、LOVEGREENとのコラボが決定しまし … Read More

ルミネ池袋店とLOVEGREENがコラボ。「MY GREEN-START NEW DAYS-」を2017年3月9日~4月5日まで開催

この春、ルミネ池袋店とLOVEGREENがコラボ。 ボタニカルをテーマに緑と過ごす新しい日々をお届けします。週末にはフラワーアレンジメントや、「スワッグ作り」や「一輪挿しテラリウムづくり」などのワークショップも開催されま … Read More

minneの春の新生活特集にLOVEGREEN編集部のオススメ作品掲載

「minne」の作品の中から、「植物のある暮らしをはじめるなら」というテーマでLOVEGREEN編集部がオススメの作品を選ばせて頂きました。 またLOVEGREEN内においても、「minneで見つける!新生活にピッタリな … Read More

花と緑の業界専門情報誌「Garden Center」3月号 連載掲載

■Garden Center  2017年3月号 54P,55P  第三回 フリーペーパー「Botapii[ボタピー]by LOVEGREEN」の創刊について ■Garden  Center別冊 BUYERS GUIDE … Read More

LOVEGREEN Instagram Feed

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.